介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

あっぱれ!


きょうたまたま読んでいた本の中に
「どんな子どもが生き延びられるか?」というトピックがあった。
我慢強くて黙っている子と 要求が強くて騒ぐ子がひどい環境に置かれた時
どちらの生存率が高いかというのである。
当然と言えば当然であるが、我慢せず要求を強く出す子の方が
生き延びる率が高いという。
つまりうるさく要求すれば周囲はその子の状態に気づくわけで
グッと我慢している子は放っておかれてしまうのだそうだ。
その締めくくりのフレーズがこれだ。
『”憎まれっ子世にはばかる。”はそういうところから生まれた言葉だろう。』

そうか、しっかり生き延びるには「憎まれっ子」になることも必要ってこと。


思わず笑ってしまった。
母の要求が強いのは生存本能だったのね。
そういえば 母は昨日こんなことを言っていた。
「 うまいものを食べられなければ 死んだ方がマシ。」
パチパチパチ あっぱれであります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。