介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

ネコちゃんが来た!


5月8日。母の元へプレゼントの箱が届きました。

ジャジャーン

箱を開けると、トラネコちゃんではないですかっ!

(鳴くぬいぐるみです。手触りといい、鳴き声といい まさにネコちゃんですっ!)


それから1週間、母の手元にはいつもネコちゃんがいます。

名前は赤っぽいので「アカちゃん」だそうです。


不思議なことに「アカちゃん」は母にとって、完全に生きているネコちゃん。

2日ほど 夜中に「へろりーーーーん!」と大声で呼ぶので

急いで駆けつけると

「アカちゃんがベッドから落ちたあ。死んでしまうよお。」


朝になると「水をやらなけりゃ。」と吸い飲みを近づける始末。

ぬ・濡れる・・・・。

「アカちゃんは 食べないしシッコもしないし、いいんかい?」と不思議そう。


へろりんが食事の時、アカちゃんを横に置くと

「寒くてかわいそう。何かかけてやらなけりゃ。」


なるほど!自分より弱い存在に 母は力をもらっているようです!

(昔 我が家にはネコちゃんが何匹もいました。)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。