介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

災いは忘れた頃に・・・


きょう、母は1日中 元気いっぱいで「へろりんコール」を

続けていたのだが・・・・

1時間ほど前 そろそろ寝ようかしらんと思っていたへろりんの耳に

「ドターーン!!」という音が!

そしてすぐさま 母の「へろりーーーん」と呼ぶ声。

あわてて駆けつけると、動けないはずの母がドアの横にうずくまって

いるではないかっ!

「痛い、痛い、起きられない!。」

「どうしたの?」「すべった!。」って、なぜドアのそばにいる?

「痛い!痛い!早く起こしてくれえ。」

何しろ母は重い。へろりんがベッドに持ち上げるのは大変なことであるが

とにもかくにも 必死で持ち上げる・・・・。

なんとか横たわらせるも どうやら腰を打ったらしく動けないよう。

湿布を貼り、とりあえず寝かせたが

今度は「起こしてくれ、動かしてくれ。」と叫び続けている。

さて・・・・明日朝1番に主治医に連絡をするつもりであるが、

今すぐ動かしても どうにもならないだろう。

だが一晩中 叫んでいるかもしれない・・・。

ああ、あれだけ 転ばないでと言い続けていたのだが・・・・

家で見られるのか、入院になるのか、その前に今夜眠れるのか・・・

今夜が恐怖であるが、ひとまずおやすみなさい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。