介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

寝る・眠る


昨日、きょうと母はあまりに静かである。 おかしい。
いつも大騒ぎで呼びまくるのであるが  きょうは森閑としている。
朝も着替えの後は5回くらいしか呼ばず、
19時に帰宅したら、すでにグーグー寝ていた。
もっとも 昼はしっかり食べていたようだし、
朝の着替えの時は、「もう そろそろお迎えが来る。」などと
元気に言っていたから、大丈夫だろうが・・・。


87歳で5年前に亡くなった父は、晩年良く寝ていた。
昼間もほとんど寝ていたっけ。
起きていてもお地蔵さんのように、動かずにずっと座っていた。
思えば 本当に静かで寡黙な人であったが、
最後まで 自分のことは自分でしたいという気持ちを持っていた。
夜間トイレの場所がわからなくても起き出して行こうとしていた2年間。
それから半年寝こんで最後の夏を迎えたのだった。
父よ。この世で十分眠れただろうか。 眠りの中で安らいでいただろうか。


珍しく静かな夜なので、ふっと父のベッドの横に寝ていた長い夜々を
思い出してしまった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。