介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

挨拶


いやはや・・・
母が暮れの21日に亡くなり、母の葬儀は親族のみで執り行った。
そして知り合いには正月明けに知らせようと思っていたのだが、
なぜか その直後から急に母宛ての贈り物やら電話が入るようになったのである。
で、そのたびに 「実は~・・・。」と報告することになり、
その時に知人の多くが口にしたこと。


「へろりん母が訪ねてきたのよ。
 いやまさか こんなこととは知らなかったけど。」(福島の知人)
「どうしたわけか へろりん母の田舎が思い出されて
 電話しなくちゃと思ったの。」(埼玉の知人)
「急に どうしてるかと思って。虫の知らせ?」(群馬の知人)


いやあ、さすが母。
関東一円のお世話になった人のところにしっかりと挨拶に行ったんだわ。
そんなわけで、すでにもうほとんどの人への連絡はすんでしまった。
生前は足腰の痛みに苦しんでいたから
身軽になって、楽になって、あちこち挨拶をすませたのねえ。
び・びっくりのきょうこの頃。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。