介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

病中 閑あり・・・か?

母が入院してから3週間経った。
ほぼ毎日見舞いに行っていて、週に1回は主治医から病状を聞く。


脳梗塞の方は1週間経った時に さらに梗塞部分が広がったのよ。
脳梗塞の治療は 水分をたくさん体に入れることらしい。
(血液の流れを良くするため)
しかし 母は心臓も働きも弱っているので、あまり水分を入れると
今度は水分が体に貯まってしまうので、むくみが出たりして
なかなか治療がむずかしいのだそうだ。


2週間目には 案の定 心臓の働きが弱った。が、少しずつリハビリを導入し
筋力の低下を防いだり、飲みこみを促したりすることになった。

3週間目の昨日は脳梗塞の広がりもなく心臓の働きも回復に向かったが、
いかんせん、自力での飲食はむずかしいとのこと。
しかし 主治医は「前向きに対応しましょう。」と 
とても丁寧に説明してくださり、処置も適切!これは母の幸運。
点滴で栄養補給。これでできるところまで行く。


**************************************
家の生活は 十何年ぶりでやや時間的に余裕ができた。
4時起きしなくても間にあうんだよね。
炊事・掃除も決めた時間でできるなんて、ちょっと感動。


でもね、買い物に行くと、つい母の好きな物を買おうとして
「あ、病院だっけ。」なんて思う。
スカスカの冷蔵庫を見ても 母の使っていたものを見てもサビシイね。
さあ、きょうも病院に行くのだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。