介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

世界はうつくしいと


へろりんさんの連休は相変わらずの黄金の香りに包まれつつ

不思議な会話の中で過ぎていっております。

母は 入れ歯ではありますが、

下の左側にたった1本, 自分の歯が残っているのですよ。

歯医者さんに言わせれば、ひっかけるのに とても貴重な歯で

「大事にしてくださいね。」とのことです。

昨夜 母は上入れ歯、下入れ歯をとった後、

自分の歯をとろうと苦戦。「抜けない、抜けない。」と訴えます。

「それを抜くのは大変よ!抜いちゃいけない歯なんだって。」

と伝えるのですが 「あ?? 聞こえない??」と言いながら

さらに 奮闘。  お母上、やめてくだされ~!


こんな日々には うつくしいものに触れたくなりますですよ。

ふとみつけた詩のフレーズ。(長田弘「世界はうつくしいと」)


うつくしいものをうつくしいと言おう。

風の匂いはうつくしいと。渓谷の

石を伝わっていく流れはうつくしいと。

午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。

遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。

きらめく川辺の光はうつくしいと。


まだまだうつくしいものが続き、なんだか涙がこぼれそうに

なってくるのでした。世界はこんなにもうつくしいのですね。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。