介護からの七転び八起き

失敗も困難も笑いとばしたい!

現在96歳の母を自宅で介護中。
介護の苦労話、嬉しい話、
こんな工夫、あんな工夫、
元気になる話、泣ける話・・・・
一緒にできたら嬉しいです!

金曜の次の日


今朝の会話。
「明日は仕事か?」 「え? 明日は何曜日だっけ?」
「知らない。」 「知らない?」 (そうか、いつも家にいるとわからないか・・。)
「木曜か?」 「 昨日は金曜だったでょ? 次の日は?」
「木曜。」 「 あれぇ? 月曜から言ってみる?」
「月、火・水・木・金・・・土・・か?」 「そうそう。金曜の次は?」
「木曜。」
ひぃ。 とうとう、曜日も混乱?


思わず、曜日を理解するのは何歳頃なんだろうと調べると6歳。
・・となると 母は5歳以下になっているということ!?
うーん、きっと日によっても違うだろうと言い聞かせつつ。


ついでに『老年期』の課題も確認してみたのだ。
”失敗したことも、成功したことも、悲しかったことも嬉しかったことも
すべて受け入れる。
まだやり遂げていないことはチャレンジしてみる。
すべて受け入れることで自分の人生を統合すれば、自分自身を肯定できる。
反対に失敗ばかり数えたり怨んだり、悔いを残すなら、それは絶望となる。”


さてさて 今、母は曜日もみんな統合しちゃって 1つになっているのかしらん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。